忍者ブログ

エルゴメーターと有酸素運動

エルゴメーター,エアロバイクについてのブログです。室内用自転車で運動しましょう。価格,禁忌,効果,検査,ボート,種類,負荷,中古。エルゴメーターとは、スポーツを実際に行っているのと似た条件の負荷をかけて、運動者の体力測定やトレーニングを行う器具。自転車のペダル踏み運動器やトレッドミルなど。

るろうに剣心とは 作品解説

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

るろうに剣心とは 作品解説

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)は、和月伸宏による日本の漫画作品。1994年(平成6年)から1999年(平成11年)にかけて集英社の『週刊少年ジャンプ』で連載。アニメ化・実写映画化などと様々な形でメディアミックスも行われている。略称は「るろ剣」。

作品解説

『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1994年19号から1999年43号まで連載。全255話(話数のカウントは「第○○幕」)。1996年のテレビアニメ化を最初に映画・OVAとアニメ化もなされ(後述)、2012年には実写映画化もされた。タイトルの「るろうに」とは流れ者や放浪者を意味する本作の造語であり、漢字表記は「流浪人」。また、連載前に本作のルーツとも言える読切作品「るろうに -明治剣客浪漫譚-」が存在し、こちらはジャンプ・コミックス3巻に収録された。


明治時代初期の日本が舞台。ストーリー自体はオリジナルのものだが、赤報隊や新選組、明治11年(1878年)5月14日に起きた大久保利通暗殺事件(紀尾井坂の変)など、史実や実在人物を物語に絡ませている。登場人物の名前に作者の出身地である新潟県、特に旧越路町を含めた長岡市に関係のある地名などが多く使われている。


連載前は編集者に「『ジャンプ』で歴史物は受けない」、「明治時代は漫画にするには難しすぎる」と言われたが、その前評判を跳ね返し人気を博した。ジャンプ・コミックス全28巻と完全版を合わせた売り上げは、2013年2月時点で5861万部を記録[1]


本編終了後に後日談的な話として「弥彦の逆刃刀」(完全版に収録。週刊少年ジャンプ2000年3・4合併号掲載)、「春に桜」(公式ファンブック『剣心華伝』収録・完全版に収録)の2作品の読切がある。なかでも「弥彦の逆刃刀」は発表時に作者自身が「これで剣心の物語は完結です」と同作がこの話によって完結を迎えたことを明かしている。本編を完結させた際に担当と「人気絶頂の時期に作者自身の意志で終わらせるのだから、二度と『剣心』を描かない」と約束していたが、後に刊行された完全版のフリートークでは「剣心の物語は終わったけど、クリエイターとして本気で描きたい、いいものが描けると確信できて、なおかつ話が来たときはまた描くかもしれない」と答えている。2012年には実写映画版の公開を記念して、本編の前日談となる特別読切「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 第零幕」(週刊少年ジャンプ2012年38号)が掲載された[2]


作者の別作品『GUN BLAZE WEST』および『エンバーミング』とは同一世界であることが暗示されている。前者は打ち切られなければ本作の登場人物、相楽左之助の登場が考えられていたこと、後者は『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 第零幕』の登場人物が『エンバーミング』の登場人物の遠縁と明かされている。


また、第14巻の作者コメントで多忙になったために趣味についやす時間がなく整理整頓もできずしかも寂しい身の上であるために妻がほしいことなどを書いた[3]のだが読者から「お嫁さんを家政婦扱いしている」という抗議を受けている。作者は前述のような意図はないとした上で制限された字数だったため配慮が足りなかったと謝罪している。[4]

日本国外での展開


アメリカではアニメの劇場版およびOVAが、剣心の頬の十字傷に由来する『Samurai X』の題で発表された。翻訳版が刊行されているブラジルなどの諸外国では、『Samurai X』を正式な題名表記にしている国もある。このネーミングは作者も気に入っており、後の連載作品『武装錬金』に登場する武装錬金の名前として使用している。


韓国語版の題名は『パラメ 바람의 검심)』(意:風の剣心)。 ただし、劇中の主人公名は「ケンシン」のまま。剣技名は漢字を韓国語式に読む形式が基本。

完全版

2006年7月から2007年5月にかけて毎月2巻ずつ、全22巻の完全版が刊行された。新書判の単行本に未収録であった「弥彦の逆刃刀」および「春に桜」も収録。


表紙は描き下ろし。カバー下にその巻の表紙の人物を再デザインおよび再設定し直した「剣心再筆」が掲載[注 1]。口絵が花札になっており、基本的に表紙の人物が描かれている[注 2]


奇数巻の初版にはチラシ「るろうに短信」が付属。その月に発売された巻の表紙を飾る人物の解説と、和月伸宏作品の登場人物をゲストに呼んだ企画「月刊和月」が掲載されている。17巻 - 20巻の初版は小冊子として新書版掲載の「FREE TALK」を収録した『時事随想拾遺』、「登場人物製作秘話」を収録した『設定秘話拾遺』がそれぞれ上下巻で付属される。これは元々予定がなかったが、ファンからの要望が多く、またそれまでの完全版の売れ行きも好調だったことから予算もできたために決まった[5]


完全版完結後には、完全版と同じ装幀ガイドブックとして『剣心皆伝 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』が刊行された(2007年6月)。

キネマ版

るろうに剣心 -キネマ版-』は、『ジャンプSQ.』において2012年6月号[2]から2013年7月まで連載。一から剣心の物語を紡ぎ直す、著者自身によるセルフリメイクともいえる作品になっている[6]。なお、『るろうに剣心』は二度と描かないと担当編集者・佐々木尚と約束していたが、その佐々木から「実写映画が決まったのだから、もう一度『るろうに剣心』を描いてもいいのではないか」と提案され、和月自身も機会があれば描いてみたいと考えていたことからこれらの連載が実現した。


大まかな構成は本編連載開始前に作者が想定していた、30週で連載終了した場合のストーリーが基になっている。登場人物の設定にもアレンジが加えられており、完全版の「剣心再筆」のデザインも一部取り入れられた。元になったシナリオは作者が実写映画版の際に提出した没案であり、実写映画版の漫画化ではないが武田観柳には香川照之のイメージがフィードバックされている。


キネマ版の案に至るまでには、本編で実現しなかった北海道編や、弥彦と緋村剣路・明神心弥を主役とした後日談が考えられたが、それぞれ「本編の後の剣心の話はこれ以上描きようがない」「続編としては有りだが、剣心の話ではない」との理由で没になった。


ジャンプ・コミックスのタイトルは『るろうに剣心 -特筆版-』。上巻には「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 第零幕」も掲載されている。

PR

コメント

ブログ内検索

カテゴリー

エルゴメーターと有酸素運動

エルゴメーターと有酸素運動

リハビリテーション機器カタログ

リハビリテーション機器カタログはこちら